国内交換業者による初の暗号資産自動両替機が誕生 第1号は大阪に設置

マーケティング
この記事は2022年8月2日に「月刊暗号資産」で公開された「国内交換業者による初の暗号資産自動両替機が誕生 第1号は大阪に設置」を一部編集し、転載したものです。 (画像=ponta1414/stock.adobe.com)国内暗号資産交換業者のガイアは2日、暗号資産(仮想通貨)自動両替機「BTM」を発表した。第1号の自動両替機はガイアのオフィス内(大阪市西区)に設置した。BTMでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)をその場で日本円へ両替することができる。過去には日本においても暗号資産の両替機が設置されていたが、セキュリティおよびアンチマネーロンダリング対策(AML)等の観点から撤去されていた。ガイアは2016年7月からこのサービスを考案し、昨年6月に暗号資産交換業者として登録が完了している。今回発表されたBTMは、金融庁より認可を受けた暗号資産交換業者が設置するものとしては初となる。 (画像=ガイア)グローリー株式会社製のBTM従来の暗号資産交換業者の取引では、アプリやサイト内で日本円に替えた後、ユーザーの銀行口座に入金するため、出金するまでには数日を要することもあるとガイアは指摘する。しかし、BTMではその場で出金することが可能だ。また近年、暗号資産は認知度が高まってはいるものの、世界各国で流出事件などが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました