神奈川県特化の学習塾展開 ―― ステップ[9795・プライム]

マーケティング
この記事は2022年7月27日に青潮出版株式会社の株主手帳で公開された「ステップ【9795・プライム】神奈川県特化の学習塾展開 業界高水準の営業利益率26・9%」を一部編集し、転載したものです。ステップは1979年設立以来、一貫して神奈川県内に特化し、小中学生を中心とした学習塾を展開している。「いい授業が最大の営業」とし、広告宣伝に費用をかけず、教師の育成により力を入れ、高い合格実績を積むことで生徒数を増やしてきた。2020年はコロナの影響により設立以来初の減収となったものの、2022年9月期には売上高、営業利益ともに過去最高を更新する見込み。中期経営方針では人口の多いエリアに校舎数を増やす戦略で県内シェア率を高めることに注力する。▼遠藤 陽介社長 (画像=株主手帳)教師職の9割強が正社員質の高い授業で生徒確保ステップの2021年9月期業績は売上高が130億3,600万円、営業利益が35億900万円。同社の注目すべき点は営業利益率の高さだ。売上高業界トップクラスのベネッセホールディングス(9783)が4.7%、ナガセ(9733)が11.3%という中、同社は26.9%と高い水準にある。この要因の1つとして広告宣伝費をかけないという戦略がある。業界の一般水準では、5~10%の広告宣伝費に対し、同社は2021年9月期で1.1%と大幅にコストを抑えている。もちろん集客に力を入れていないわ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました