プレゼンに適した声は作れる! メラビアンの法則における聴覚情報の重要性とは

マーケティング
本記事は、眞山徳人氏の著書『会計士・税理士のための伝わるプレゼン術』(中央経済社)の中から一部を抜粋・編集しています。 (画像=beeboys/stock.adobe.com)プレゼンに適した声を作るメラビアンの法則における聴覚情報のウェイトプレゼンテーションの「伝え方」における聴覚情報、すなわち声の扱い方について解説します。具体的には、以下のようなものです。 声の高さ 声の大きさ 話すスピード 間(ま) 口癖 メラビアンの法則によれば、聴覚情報が占めるウェイトは全体の38%で、視覚情報(55%)に比べると、やや数値としては少なくなってはいます。しかし、プレゼンテーション中には、聞き手が何らかの理由で話し手から視線をそらしてしまった場合など、視覚情報そのものが伝えられなくなることが時折あるわけですが、そのような場合、聴覚情報が与える影響が相対的に高まることになります。よって、視覚情報と聴覚情報は、単純にその数字だけで重要度を比較できるものではなく、いずれも重要性が高いものなのだという認識を持って頂けたらと思います(図表8-1)。 (画像=会計士・税理士のための伝わるプレゼン術)口癖を減らして、間を増やそう視覚情報では「手癖」がプレゼンテーションのノイズになることが多いわけですが、聴覚情報でも同様に、話したい内容と関係のない言葉をつい口走ってしまう「口癖

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました