スターバックス、NFT活用したWeb3.0体験「スターバックスオデッセイ」開始へ

マーケティング
この記事は2022年9月14日に「月刊暗号資産」で公開された「スターバックス、NFT活用したWeb3.0体験「スターバックスオデッセイ」開始へ」を一部編集し、転載したものです。 (画像=Natee Meepian / Shutterstock.com)スターバックスは12日、Web3.0体験として「スターバックスオデッセイ(Starbucks Odyssey=スタバオデッセイ)」を開始することを発表した。ロイヤルティプログラム「スターバックスリワード」の会員は、NFT(非代替性トークン)として発行されるデジタルコレクティブルスタンプを購入、獲得することで、新しい没入型体験を得ることができるという。また、スタバオデッセイは、ポリゴン(Polygon)が構築した「Polygon POS」が用いられている。スタバオデッセイは、ビバレッジやフードを購入するとスターが集まるスターバックスリワードの会員およびスターバックスパートナー(従業員)を対象とするプロジェクトだ。リワード会員は、サイトへログインした後、「ジャーニー」に参加できるという。ジャーニーでは、インタラクティブなゲームやチャレンジ体験を通じ、コーヒーやスターバックスに関する知識を深めることができる。ジャーニーを達成すると、NFT化されたデジタルスタンプを受け取ることができるという。またリワード会員は、スタバオデッセイのWebアプ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました