市場予測上回る米CPIの結果を受けビットコインなど暗号資産価格急落

マーケティング
この記事は2022年9月14日に「月刊暗号資産」で公開された「市場予測上回る米CPIの結果を受けビットコインなど暗号資産価格急落」を一部編集し、転載したものです。 (画像=tendo23/stock.adobe.com)世界中から注目を集めていた8月の米CPI(米消費者物価指数)は、前年比同月比8.3%の上昇と発表され、市場予測の8.1%を上回った。また、変動が大きいエネルギーおよび食品を除くコア指数も市場予測を上回り前年同月比6.3%の上昇を記録するなど、インフレ抑制には程遠い結果であったと言える。この結果を受け、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを加速させる見込みが一層強まった格好だ。これまでにFRBは6、7月に0.75%の大幅利上げを連続して実施してきた。パウエルFRB議長は利上げについて、一貫して「データ次第」との姿勢を崩してこなかったことから、今回の米CPIの結果は大幅利上げを後押しするものとなり得る。インフレがピークアウトしたとの見方から、市場では楽観論も見られていた。そのため、今月20、21日に行われるFOMC(米連邦公開市場委員会)では0.5%の利上げにとどまるとの見方が出ていたものの、今回の結果を受け0.75%の利上げ予想が優勢となっている。パウエルFRB議長はインフレ抑制に向け、金融引き締めを「痛みを伴っても遂行する」と強く打ち出していることから、状況に大

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました