外需の下振れリスクは残るも、経済再開期待が株価を下支え

マーケティング
この記事は、2022年9月20日に三菱UFJ国際投信で公開された投資環境ウィークリーを一部編集し、転載したものです。全体をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。加えて、デイリーレポートについては、mattoco lifeをご覧ください。 (画像=Blue Planet Studio/stock.adobe.com)目次企業景況感は持ち直す貿易赤字は過去最大の赤字幅為替動向に対する日銀の認識に注目企業景況感は持ち直す2022年7~9月期法人企業景気予測調査が公表され、大企業全産業の貴社の景況判断BSIは+0.4%pt(2022年4~6 月期:▲0.9%pt)とプラスに転じ(図1)、先行きも2022年10~12月期が+6.4%pt、2023年1~3月期が+4.7%ptと回復が続く見通しです。 (画像=三菱UFJ国際投信)製造業は原材料高騰で素材業種が軟調も、供給制約緩和や海外設備投資需要を背景に自動車・同付属品や資本財関連業が堅調です。非製造業は経済再開の恩恵を受けるサービス業や運輸郵便業等が好調です。また、今年度の設備投資計画(ソフトウェア投資額を含み、土地購入額を除く)は全産業が前年度比+16.2%と他サーベイ同様に企業の設備投資意欲の強さが確認されました。貿易赤字は過去最大の赤字幅2022年8月貿易統計は輸出額が前年比+22.1%(7月:+19.0%)、輸入額が同+49.

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました