米ドル/円 ―― 強い上値抵抗の145.00円を超えられるかが見どころとなりそうだ

マーケティング
この記事は2022年9月22日(木)に「羊飼いのFXブログ」で公開された「神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略」を一部編集し、転載したものです。 (画像=PIXTA)2022年9月22日(木)の午前11時すぎに外為どっとコム総合研究所の神田卓也さんから聞いた最新の相場観と戦略を紹介する。 神田卓也 株式会社外為どっとコム総合研究所取締役調査部長上席研究員。1987年福岡大学法学部卒業後、第一証券を経て、1991年メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年7月外為どっとコム総合研究所入社。 現在の為替相場の傾向や相場観本日22日(木)日本時間未明はFOMCが3会合連続となる75bpの大幅利上げを決めた上に、当面は積極的な引締めを継続する方針を示した。パウエルFRB議長が、引き締めによる経済的な「痛み」は避けられないとの認識を示したこともあり米長期金利が低下に転じると米ドル/円も一時失速したが143円台の下値は堅く、本日22日(木)朝にかけて144円台を回復している。現在の為替相場の戦略やスタンス市場がFOMCの決定内容を消化するにはしばらく時間がかかると見られるが、ひとまず関心は本日22日(木)の日銀金融政策決定会合に移りそうだ。海外勢の一部には日銀が金融緩

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました