BNBチェーン、Web3.0の促進目的にグーグルクラウドと提携

マーケティング
この記事は2022年9月15日に「月刊暗号資産」で公開された「BNBチェーン、Web3.0の促進目的にグーグルクラウドと提携」を一部編集し、転載したものです。 (画像=Koukichi Takahashi/stock.adobe.com)大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の独自ブロックチェーン・BNBチェーンは14日、グーグルクラウド(Google Cloud)と提携したことを発表した。BNBチェーンは声明で、「BNBチェーンとグーグルクラウドはWeb3.0およびブロックチェーンプロジェクトを推進するため、基盤となるインフラ、クラウドコンピューティングクレジット、メンターシップ、技術サポートの提供に向けて提携する」と述べた。この戦略的提携により、Web3.0およびブロックチェーンのスタートアップ企業が、ユーザーや業界全体に向け、高性能で効率的、かつ持続可能なイノベーションを開発し、成長させることが可能となるという。BNB Beacon Chain(旧Binance Chain)とBNB Smart Chain(旧Binance Smart Chain)を組み合わせたBNBチェーンは、分散型金融(DeFi)、メタバース、ブロックチェーンゲーム、NFT(非代替性トークン)など複数のカテゴリーにわたる1,300以上の分散型アプリケーション(dApps)がエコシス

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました