ヨガスタジオのある住まいで、いつでも気軽に運動を 

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2022年9月22日

積水ハウス株式会社

 
 
半数以上が実感するコロナ禍での運動不足
朝晩は涼しい日が増え、秋の足音が感じられる季節になってきました。平年より暑さが厳しく、新型コロナウイルスの感染が再拡大した今年の夏は、外出を控えたり在宅勤務を活用したりと、自宅で過ごす時間が増えた人も多かったのではないでしょうか。
 
そんな中、積水ハウス 住生活研究所が実施した「自宅での運動に関する調査」※1では、半数を超える55.8%もの人が、コロナ禍で以前よりも運動不足になったと感じると回答しました。また、屋外やジムなどの施設で運動したい(それぞれ32.4%, 18.2%)という人よりも自宅でと考えている人(55.0%)の方が多いこともわかりました。一方で、自宅で運動したいと考えている人のうち約4割は、自宅で運動を「したいと思っているが、始められていない」と回答しました。
 
 
 
自宅で運動をしていない理由を見てみると、「運動が嫌い・面倒(34.7%)」「疲労で生活に支障がでる(18.6%)」など、運動そのものに消極的な意見も一定数ありましたが、「忙しい・時間がない(30.3%)」「スペースがない(18.3%)」「器具が場所を取る(8.0%)」といった理由を挙げる人も多いという結果が出ています。ちょっとした隙間

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました