3年で10億円を築いた不動産投資家・荒木陽介さんに聞く(後編)「投資によってサラリーマンの素晴らしさを知った」

マーケティング
個人投資家として成功してFIREを目指す……そんなトレンドに一石を投じる荒木陽介さん。本稿の前半では、余力がないサラリーマンだった荒木さんが不動産投資家として歩み出したきっかけ、後半では、荒木さんが不動産投資でどのようなことを実践されているかを伺います。【プロフィール】1977年生まれ。現役でサラリーマンを続ける不動産投資家。大手広告会社に勤務(部長職)。30代後半から不動産投資をスタートさせ、激務のかたわら時短術を駆使して短期間で総資産10億円を突破。その後、最大で約24億円の総資産を築く。話題の本『3年で10億円を築いたサラリーマンが教える「お金を生む時間」のつくり方』(朝日新聞出版社)の著者でもある。目次サラリーマンと不動産投資が人生の両輪になっているもともとは仕事だけで疲れ果てたサラリーマンだった私が地方のRC造物件にこだわり続ける理由今後、銀行間の競争が出てくると面白くなるサラリーマンと不動産投資が人生の両輪になっている (画像=YANUSY編集部)−−荒木さんは、サラリーマンをしながら不動産投資以外のビジネスにも挑戦されているそうですね。そこには、どのようなモチベーションがありますか。一般的に人は40歳前後で、能力や挑戦する意欲が減退していくと言われますが、それは嫌だなと、40歳を過ぎてもやりたいことにチャレンジできる自分でありたいなあと思ったことがモチベーションの源

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました