超一流の諜報員が教える、ビジネスでも使える最強のスキルとは

マーケティング
本記事は、上田篤盛氏の著書『超一流諜報員の頭の回転が速くなるダークスキル - 仕事で使える5つの極秘技術 -』(ワニブックス)の中から一部を抜粋・編集しています。 (画像=nakakita/stock.adobe.com)★ コミュニケーション、情報収集・分析、記憶、リスク管理を学べば最強!世の中にはスパイ小説なるものが山と出回っている。精密な取材によるノンフィクションの本もあるが、センセーショナルな興味を引くためのやや脚色的なものも多いように思われる。他方、欧米の国家情報機関出身者も有用な著述を残している。CIA元長官のアレン・ダレスの本(『諜報の技術』)やドイツ連邦情報局の初代長官のラインハルト・ゲーレンの本(『諜報・工作』)は大変参考になる。また、日本旧軍の元情報将校によって書かれた本もインテリジェンスの教範(きょうはん)として役に立つ。最近では、日本の情報機関のトップなどもリタイアして、情報の本を書いている。これらからは、日本の情報体制をいかに構築するかなど、広範な知識が学べる。少し、毛色の変わった本が、イスラエル情報部モサドの伝説の秘密諜報員であるウォルフガング・ロッツの回想録『スパイのためのハンドブック』だ。これは、諜報員になるための「カバーストーリー」(別の人物になりすますための経歴)のつくり方などが紹介された、諜報員のための本格的指南書である。戦前の日本にも先に紹

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました