平均賃金で見た「安い日本」 ~高齢化すると平均賃金も下がる~

マーケティング
この記事は2022年9月14日に「第一生命経済研究所」で公開された「平均賃金で見た「安い日本」」を一部編集し、転載したものです。 (画像=beeboys/stock.adobe.com)目次日本はランキング下位成長しないグループの国国際比較でみた打開策日本はランキング下位円安が進んで、輸入物価が急上昇している。これは、円の購買力が低下して、ドルと交換する円の数量が増えるという「交易条件」の悪化が起こっているということでもある。交易条件の悪化は、日本で働いて稼いだ給料で、どのくらいの輸入品が買えるか、という購買力の低下をも示している。まずは、国際比較データをみてほしい(図表1)。OECDは、2021年までの平均賃金の34か国の国際比較データを示している。これはドル・ベースで換算してある。日本は、2021年は34か国中で24位である。順位が下位の方にあることは今に始まったことではない。24位は、2019年から変わらずだが、1991年からみると時間とともに順位が落ちていることがわかる。1991年13位(23か国中)、2000年18位(34か国以下同じ)、2010年21位、2015年24位、2021年24位である。この間、2013年に韓国に抜かれた。2018年にはイスラエルに抜かれた。驚くのはOECDに加盟した中東欧諸国に次々に抜かれていることだ。2016年にはスロベニア、2020年には

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました