日本のアンモニア・石炭混焼による脱炭素化戦略のコストは高く、再生可能エネルギーの方が経済性に優れる

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
[ブルームバーグ エル・ピー]
BNEFの予測では、混焼率50%のクリーンアンモニアを用いると日本の改修された石炭火力発電の平準化発電コスト(LCOE)は2030年時点でメガワット時あたり少なくとも136ドルになります。2050年までには、このような...
Source: PRTimes

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました