太陽嵐の直撃で「スマホやATMが使用不能になる」衝撃シナリオ

iPhone・android

太陽でときおり発生する爆発は、電磁波などによる被害を地球に与えることがあります。これがいわゆる太陽嵐です。大規模な太陽嵐が地球に訪れたのは1859年で、電信柱が燃えるほど被害が発生しました。

1859年当時はそこまで技術が発展していなかったため、それほど大きな影響はありませんでした。しかしもし今、同規模の太陽嵐が発生したら被害総額はどうなるのでしょうか?これについて、海外YouTubeチャンネル「What If」が解説しています。

関連:スター・ウォーズの「デス・スター」を現実に建造すると、いくらかかるのか?
太陽嵐が地球に与える甚大な被害


太陽嵐はまず、太陽表面で起こる太陽フレアから始まります。これにより、まず地球の上層大気が巨大な電磁パルスによって破壊されます。その結果、地球と軌道上の衛星の間の電波が遮断されます。

それから、数分から数時間後、荷電粒子が地球の磁気圏を襲い始めます。この粒子が人工衛星のいくつかに衝突すると、電子機器を損傷させるでしょう。そうなれば、通信システムは故障し始めます。

さらに12時間から数日後、太陽嵐がついに地球に到達します。まず、NASAのACE衛星が太陽嵐を察知し、警告を出します。その後、約30分で太陽嵐は地球に降り注ぎ、磁気嵐を引き起こします。

もし、このタイミングで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました