米国インフレ抑制法を「歓迎する」メーカー、「戦々恐々」のメーカー

マーケティング
この記事は2022年11月9日に「CAR and DRIVER」で公開された「米国インフレ抑制法を「歓迎する」メーカー、「戦々恐々」のメーカー」を一部編集し、転載したものです。テスラ・モデルS米国インフレ抑制法の内容説明から米国のインフレ抑制法(気候変動対策法)が今後の米国内でのEV販売に大きな影響をもたらす可能性がある。2022年8月に発表された総額4,300億ドルにも上るこの法案の骨子は大きく分けて3つだ。1)EVの新規購入者に対して最大で7,500ドルの補助金を政府が支払う。ただし最大の補助金を受けられるのは米国内で最終組み立てが行われた車両に限られ、この法律の適用はただちに実行される。2)2023年以降、EVに使用されるバッテリーの部品に関しても、一定以上の割合で国内もしくは米国と自由貿易協定を持つ国で生産されたもののみが対象となる。この割合は徐々に引き上げられる。3)2024年1月以降、米国と外交的問題を持つ国で作られたバッテリーを搭載した車両は米国内で販売禁止となる。米国の製造業に有利な内容。テスラ、GMにも追い風このうち1つめに関しては、対象車両の価格に制限がある(乗用車は5万5,000ドルまで、SUVやバン、ピックアップトラックは8万ドルまで)のに加え、申請者の年収にも制限がある。米政府はこの点について「中低所得層にも広くEVを普及させるため」だとしている。つまり乗

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました