ウルトラランナー・いいのわたる、LA CORDILLERA CHALLENGEで準優勝! エルサルバドルのステージレース

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式会社ルーセント(本社:千葉県柏市、代表取締役社長:中野吉広)が応援しているウルトラランナー・いいのわたる選手が、11月11日から13日にかけて中米・エルサルバドルで開催されたトレイルランレース「LA CORDILLERA CHALLENGE」で準優勝しました。「LA CORDILLERA CHALLENGE」は3日間で約130km走るステージレース。いいの選手は1日目3位、2日目3位、3日目1位となり、総合で2位に入りました。総合記録は、15時間46分05秒でした。「LA CORDILLERA CHALLENGE」は、エルサルバドル北西部のコアテペケ湖から西部のバラ・デ・サンティアゴまでの130kmをつなぐ同国内最長のレース。火山やラグーン、滝などさまざまな風景を楽しめることが特徴です。いいの選手は「標高2300mの巨大な火山で山頂をぐるっと巡り、時々ジャングルのような鬱蒼とした森や大滝を通り抜け、ザ・中米といわんばかりのコーヒー畑の中を走りました。1日目3位、2日目3位、3日目1位と徐々に調子を上げていきましたが、『なんでこんなに埋められているの?』というくらい石畳のダウンヒルが続き、ついに膝が故障してしまいました。今は歩くだけで膝カックンな状態です。地元のランナー、スタッフがまるでお世話好きのおばちゃんのようにすごくフレンドリーでした。日本人という外国人に対してのおもてなし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました