Meta、未成年のユーザーを守るための新対策を導入

ガジェット総合
FacebookやInstagramの親会社であるMetaは、10代の若者をネットでの被害から守るため、「怪しい」大人からのメッセージを制限する対策を導入することにしました。
↑子供たちのプライバシーを守る(画像提供/Meta)
 
公式ブログによれば、16才未満(一部の国では18才未満)のユーザーは、Facebookで新規アカウントを作成すると、標準設定が「よりプライベート」になるように変更されたとのこと。これにより、友達リストやタグ付けされた投稿、フォローしているページやアカウントを閲覧できる人が制限されるそうです。
 
また、今後は既存の10代ユーザーにも同じような設定に変更するよう呼びかけていくとのこと。こうした「なるべく未成年の情報を見知らぬ大人に見せない」配慮は、昨年10代のアカウントを標準で非公開としたInstagramの動きに続くものですが、さらに、「怪しい」大人が10代の若者と接触することを防ぐ、新たな対策も打ち出されています。
 
例えば、最近ブロックされたり、若者から報告されたりした大人のアカウントは「怪しい」と判定。そうした大人は、若者の「知り合いかも」にも表示されないとのこと。ほか、Instagramでは怪しい大人が10代の若者のページを見た場合、メッセージボタンが表示されないテストも行っているそうです。
 
また、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました