W杯 日本VSドイツ戦で注目された「半自動オフサイドテクノロジー」とは?

VR
11月23日(水)に開催された「FIFAワールドカップ・カタール大会」の日本VSドイツ戦にて、ドイツ2点目のゴールがオフサイド判定となったのを目撃した方は多いはず。その際「VAR判定」という言葉を耳にして、「はて?」と思った方もいるかもしれません。
「VAR」とは「Video Assistant Referee(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」の略称です。映像をもとに「得点は有効か?」「PKにすべきか?」といった判定を行い、フィールド上の審判員をサポートする審判員を指します。
そして、FIFAは今回のカタール大会にて、VAR判定をサポートする技術として「半自動オフサイドテクノロジー」が導入されました。日本VSドイツ戦で、解説席の本田圭佑さんが、オフサイドではないかと疑わしい場面で、「テクノロジー発動でしょ!」とコメントしたことなどから、この技術への注目が集まっています。
「半自動オフサイドテクノロジー」とは?
この「半自動オフサイドテクノロジー」は、その名の通り「半自動」でオフサイドの有無を判別して、審判に知らせる技術です。
スタジアムの屋根の下に12台の専用トラッキングカメラを設置し、ボールと選手で最大29のデータポイントを、1秒間に50回追跡。オフサイド判定に必要な情報として取得しています。
さらに、試合に使われているボールの内部には、慣性計測装置(IMU)センサーを搭載

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました