ハイパーインフレ下で資産を防衛する手段

マーケティング
モルガン銀行勤務時代に「伝説のディーラー」と称された経済評論家・藤巻健史氏に、不透明化する世界経済の現状や見通しを語ってもらうシリーズ。前回は、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策や米国経済の現状分析、将来の予測を伺いました。しかし、気になるのはやはり日本の動向でしょう。日本では、急激なドル高・円安を背景に物価高が進行しています。株式市場は持ち直しつつありますが、2023年4月に日銀総裁の交代を控え、マーケットでは膨れあがった日銀のバランスシートの行方が懸念されています。この現状をどう見るべきなのでしょうか。日本の株・債券・通貨すべてが売られる「日本売り」の“Xデイ”の到来を予測する藤巻氏に、日本の動向や、来る危機に向けて資産をどう守ればよいのか、引き続き話を聞きました。>>前回の記事:米国の「サタデー・ナイト・スペシャル」再来に要注意 藤巻健史(ふじまき・たけし)氏 1950年東京都生まれ。一橋大学商学部を卒業後、三井信託銀行(現三井住友信託銀行)に入行。1980年、米国ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBAを取得する。帰国後、三井信託銀行ロンドン支店勤務を経て、1985年に米国のモルガン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)に転職。同行で資金為替部長、東京支店長兼在日代表などを歴任。東京市場屈指のディーラーとして世界に名をとどろかせ、JPモルガンの会

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました