基礎から学ぶヘッジファンドの投資戦略

マーケティング
paris pao / stock.adobe.com、ZUU onlineデリバティブを積極的に活用している金融商品に「ヘッジファンド」があります。近年ではAI(人工知能)を利用したアルゴリズム取引によって、ヘッジファンドはマーケットでの存在感を高めています。この記事では、ヘッジファンドの主な戦略、デリバティブに投資することで生じ得るリスク等について解説します。ヘッジファンドとはヘッジファンドとは、さまざまな取引手法を駆使して、上げ相場だけでなく下げ相場でも利益を追求するファンドのことです。ヘッジファンドは、1949年に米国で誕生しました。元コロンビア大学教授でフォーチュン誌の記者だったアルフレッド・W・ジョーンズ氏が、マーケットが上がっても下がっても損をしないように、「ロング(買い)ポジション」と「ショート(売り)ポジション」を取ることで「絶対収益」を目指すヘッジファンドを開始しました。ヘッジファンドは金融派生商品であるデリバティブ取引を駆使して、外国為替や株式、コモディティ(商品)などに積極的に投資しています。ヘッジファンドによる巨額の資金の運用動向は国際的な資金循環や金融商品価格に大きな影響を与えており、その動向にはマーケット関係者も注目しています。ヘッジファンドと投資信託の違い投資信託は広く一般に公募されるのに対し、ヘッジファンドは私募(50人未満の投資家)形式で投資

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました