不動産取得税が非課税になるケースとは?軽減措置も合わせて解説

マーケティング
不動産を得た際に1度だけ支払う不動産取得税に、軽減措置が設けられている点はよく知られていることだ。しかし、非課税になるケースはあまり知られていない。今回は、不動産所得税の概要を説明するとともに、非課税になるケースや軽減措置の内容について解説する。不動産取得税とは? (画像=taa22/stock.adobe.com)土地や家屋を購入した際にかかる税金が不動産取得税だ。取得の方法については、有償か無償かを問わず、登記の有無も問われないが、一定の要件を満たす場合に限り、非課税や軽減措置の対象となるケースがある。不動産を取得したら、30日以内にその不動産の所在地を管轄する都道府県税事務所へ申告しなければならない。申告期間は自治体によって異なり、60日以内のところもあるため、事前の確認が必要である。不動産取得税の計算と納税方法不動産取得税は、以下の計算式によって求める。取得した不動産の固定資産税評価額✕税率ちなみに2024年3月31日までに取得した場合に適用される税率は、土地と建物ともに3%であるが、建物が住宅以外の建築物の場合、税率が4%になることに注意したい。不動産取得税については、都道府県税事務所より送られてくる納税通知書の納付期限までに以下で納付する必要がある。・金融機関の窓口・コンビニエンスストア・ペイジー・クレジットカード・スマートフォンの決済アプリ など自治体によって納付方

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました