買ってはいけない中古マンションとは?購入時の6つの注意点や特徴5選

マーケティング
マンション経営を始めたいと考えた時、価格の安さゆえに一度は検討するのが中古マンションです。しかし、価格が安いことは魅力ですが、安さと引き換えに中古マンションには特有の注意点やリスクもあります。特にリスクの観点から、中古マンションには「買ってはいけない」とされる物件があることも事実です。本記事では、買ってはいけない中古マンションとはどんな物件なのかを解説し、マンション経営成功への道をご案内します。 (画像=bonb/stock.adobe.com) 田中 タスク エンジニアやWeb制作などを経験した後にFXと出会い、それを契機に投資系ライターとしての活動を開始。自身もさまざまな投資を経験し、その経験をいかした執筆活動に強みをもつ。長期的な視野にたって資産運用の重要性を強く感じ、不動産投資を含む中長期的な投資の生きた情報を発信するための記事制作に取り組む。初心者向けの資産運用アドバイスにも注力、安心の老後を迎えるために必要なマネーリテラシー向上の必要性を発信中。目次1.マンション経営で中古マンションを購入する際の注意点6つ1-1.築年数1-2.リフォーム、リノベーション費用1-3.新築時よりも立地条件が悪くなっている1-4.耐震基準1.5.法令違反1-6.定期借地権2.買ってはいけない中古マンションの特徴5選2-1.相場から逸脱して異常に安い2-2.築年数が古すぎ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました