デジタルバンクとは?概要・国内外の事例まで総解説[2022年版]

マーケティング
この記事は2022年10月31日に「The Finance」で公開された「デジタルバンクとは?概要・国内外の事例まで総解説【2022年版】」を一部編集し、転載したものです。本稿では、デジタルバンクとは何か?また従来のネットバンクの違いについて解説し、メリット・デメリットや関連する具体的な取り組みについて紹介します。目次デジタルバンクとはデジタルバンクの種類(1)チャレンジャーバンク(2)ネオバンク(3)BaaS (Banking as a Service)デジタルバンクとネット銀行との違いデジタルバンクが注目される理由デジタルバンクのメリット・強みデジタルバンクの課題デジタルバンクの将来性日本のデジタルバンクの先行例(1)みんなの銀行(2)UI銀行(3)LINEバンク海外のデジタルバンク 3選(1)OakNorth Bank(2)N26(3)Green Dot Bankまとめデジタルバンクとは (画像=photon_photo/stock.adobe.com)デジタルバンクとは、デジタル技術を活用してオンライン上でサービスを提供している銀行のことです。デジタルバンクは欧米を中心に広がっており、米調査会社マーケッツアンドマーケッツによれば、デジタルバンクの市場規模は2018年で33億ドル(約3,500億円)でしたが、2023年には57億ドルに達すると予測されています。日本国内におい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました