2500万人もの死者を出した正体不明の病原体「スペイン風邪」が解明されるまで

2017-08-24_00h03_35 IT総合
【前回の記事を読む】天然痘、ハシカ(麻疹)、黄熱病…人類はどのように伝染病を解明したのか?
ウイルスの発見
(1)正体不明の濾過性病原体
1898年には、ドイツの細菌学者レフレルとフロッシュが、口蹄疫にかかった牛の患部のひずめから膿汁を採取して細菌濾過器にかけ、その病原菌の有無を丹念に調べたが、細菌はまったく見つかりませんでした。ところが濾過器を通った濾液を健康な牛のひづめに注入してみたところ、驚
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました