BlockFi、FTX破綻の影響受け破産申請を準備中か

マーケティング
この記事は2022年11月16日に「月刊暗号資産」で公開された「BlockFi、FTX破綻の影響受け破産申請を準備中か」を一部編集し、転載したものです。 (画像=PIXTA)暗号資産(仮想通貨)レンディングサービスを手がけるBlockFiが、破産申請を行う準備を進めていることがわかった。15日、Wall Street Journal(WSJ)が報じた。報道によると、BlockFiはFTXと同様、米連邦破産法11条(Chapter11)に基づく申請を行う見込みだという。同社は今月11日、FTXや関連会社のアラメダ・リサーチ等の状況が明確ではないため、通常通りの業務を行うことができないとし、顧客に対する出金を一時停止すると発表していた。関係者によれば、今後BlockFiは従業員を削減し、米連邦破産法11条の適用に向け準備を進めていく。現時点で、破産申請に関するBlockFiによる公式発表はない。BlockFiは今年7月に破産申請を行った暗号資産ヘッジファンド・スリー・アローズ・キャピタル(Three Arrows Capital:3AC)に融資を行なっていたことで多額の損失を被り、FTX USから融資を受けていた。FTXの破綻を受け、その影響が同社にも波及することが懸念されていたが、創業者でCOOのフローリ・マルケス(Flori Marques)氏は9日に「BlockFiは完全に稼働

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました