[スーパースポーツ特集]現代に蘇ったランボルギーニ・クンタッチLPI800-4。世界112台限定車が提示した新価値

マーケティング
この記事は2022年11月7日に「CAR and DRIVER」で公開された「【スーパースポーツ特集】現代に蘇ったランボルギーニ・クンタッチLPI800-4。世界112台限定車が提示した新価値」を一部編集し、転載したものです。ランボルギーニ・クンタッチLPI800-4 世界限定112台生産車ランボルギーニ・クンタッチLPI800-4 現代に蘇ったLPI800-4は永遠の名車を未来へと継承するメモリアルモデル システム出力814hpの5.4リッター・V12搭載 トップスピードは355km/hに達する純エンジン・ランボルギーニの最後を飾るメモリアル2022年6月21日、ランボルギーニ・ジャパンはクンタッチLPI800-4の発表会を都内で催した。日本では長らく「カウンタック」の名で親しまれてきたモデルのリバイバル版だが、イタリア語の発音としては「クンタッチ」が近く、今回、正式に呼び名を改めることとなった。それにしても、いまから50年以上も前にデビューしたクンタッチを現代に甦らせることに、どんな意味があるのだろうか?昨年、ランボルギーニは中期的な電動化計画を発表。これによれば、同社は2024年までに全モデルのハイブリッド化を終え、2020年代後半には初のBEVも投入して二酸化炭素削減に取り組んでいくという。そして、これに先立つ2022年までの時期を「内燃エンジン搭載モデルを祝福する時期」と

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました