「窓販ルール×顧客本位の提案」を反面教師に学ぶ!その保険案内…本当に大丈夫ですか!?【第9回】

マーケティング
(画像=umaruchan4678/stock.adobe.com)最新の窓販ルールや、顧客本位の業務運営に照らした「理想的な保険募集に必要な知識やノウハウ」を習得しましょう!それって大丈夫!? 生命保険料控除についてよくわからないまま説明してしまった…今回は、「生命保険料控除」を説明するうえでの注意点を解説していきます。まずは「生命保険料控除」とは、どのような制度であるのかを確認しましょう。所得税や住民税は、納税者の所得総額から所得控除額を差し引き、その残額に対して税率をかけ税額を算出します。15種類の所得控除のうちの1つが「生命保険料控除」です。所得控除額が多くなると、税率をかける残額が少なくなり、その結果、税額が低くなります。「生命保険料控除」は、払い込んだ保険料に応じて、控除される金額が決まるという仕組みです(図表)。 (画像=バンクビジネス)生命保険料控除は3種類に分類される「生命保険料控除」の対象となる保険料は、生命保険の主契約や特約の保障内容に応じて、「一般生命保険料」、「介護医療保険料」、「個人年金保険料」の3種類に分類されます。一般生命保険料:死亡保険や学資保険などの死亡または生存によって一定額の保険金が支払われる生命保険契約の保険料
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました