年末ジャンボ 今年の狙い目は? ―― ドキドキ感とワクワク感の味わい方

マーケティング
この記事は2022年11月21日に「ニッセイ基礎研究所」で公開された「> 年末ジャンボ 今年の狙い目は?-ドキドキ感とワクワク感の味わい方」を一部編集し、転載したものです。 (画像=yu_photo/stock.adobe.com)目次ジャンボは「一攫千金を狙いつつ1万円も当てたい」100万円以上の当せんに照準を合わせたミニドキドキ感とワクワク感をどう味わうか年末の風物詩の1つとしてジャンボ宝くじはすっかり定着している。この一年、新型コロナの感染拡大防止と社会経済活動の再開を両立させていくなかで、気がつけばもう年の瀬、という感覚の人も多いのではないだろうか。年末ジャンボ宝くじは、そんな年の瀬のレクリエーションとして、価値が高まっているといえるだろう。今年も最高当せん金は1等前後賞合わせて10億円。昨年までと同様の一攫千金のチャンスだ。しかし、細かい点では変更となった部分もある。変更された点をみながら、今年はどう狙うべきか、考えてみよう。ジャンボは「一攫千金を狙いつつ1万円も当てたい」年末ジャンボ宝くじには、「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ」の2つがある。「1等前後賞合わせて10億円」のうたい文句で販売されるのは、年末ジャンボだ。これに対して、年末ジャンボミニの当せん金の最高額は、1等前後賞合わせて5,000万円にとどまる。年末ジャンボについては、宝くじ1枚あたりの各賞の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました