米投資家、FTXの破綻に関連して大谷翔平選手や大坂なおみ選手らを提訴

マーケティング
この記事は2022年11月17日に「月刊暗号資産」で公開された「米投資家、FTXの破綻に関連して大谷翔平選手や大坂なおみ選手らを提訴」を一部編集し、転載したものです。 (画像=Dennis/stock.adobe.com)メジャーリーグ(MLB)のエンゼルスに所属する大谷翔平選手やプロテニスプレイヤーでグランドスラムチャンピオンの大坂なおみ選手が、米オクラハマ州在住の投資家から経営破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXを巡り提訴された。16日、Bloombergなどが報じた。FTXが大谷選手や大坂選手らを広告塔に起用し、「経験の浅い投資家」を標的にして欺く行為をしたとして、同社とCEOのサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏らに110億ドル(約1兆5,300億円)の損害賠償を求めたという。原告のエドウィン・ギャリソン(Edwin Garrison)氏は、FTXがセレブ達を起用することで、連邦法とフロリダ州法に違反する未登録証券を売り込み、スマートフォンアプリを利用する投資家を出資金詐欺に誘い込んだと主張しているという。裁判所に対し、FTXの口座に登録されている全米の投資家を代表する集団訴訟の認定を求めているようだ。ギャリソン氏は「FTXの詐欺的なスキームで米国の消費者が被った損害額は合計110億ドルに上る」と訴えている。マイアミのフロリダ州南部地区・

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました