マウス用のVRデバイス?ネズミが実験で使用 仕様書はGithubで公開

VR
アメリカ・コーネル大学の研究所Schaffer-Nishimura Labは、実験用マウスが装着することを想定した、VRヘッドセット「mouseVRheadset」を制作しました。デバイスを使用させ、マウスの行動を研究することが目的。海外メディアのTom’s Hardwareなどが報じました。
専用トレッドミルも存在
「mouseVRheadset」は、Raspberry Pi 4によって動作。解像度240×210でフレームレート60FPSです。2枚の液晶ディスプレイを搭載しており、ケース自体は、3Dプリントで“製造”されています。バーチャル環境はゲームエンジン「Godot」で構築されているとのこと。
同ヘッドセットを着用したマウスで実験するための、専用のトレッドミル(ランニングマシン)も存在。発泡スチロール製のボール、ヘッドプレート・マウント、光学センサー、マイクロコントローラーで構成されており、実験対象のVR体験を自然にナビゲート可能にするとのこと。マウスがボールの上を移動すると、トレッドミルに向けられた光学センサーがヨー、ピッチ、ロールを追跡し、そのデータを2Dの動きに変換します。
「mouseVRheadset」について、Schaffer-Nishimura Labは以下のように説明しています。
Godotゲームエンジンは、検出されたマウスの動きを、仮想シ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました