GoogleのContainer Engineがセキュリティ重視でアップデート、サービスメッシュへの拡張性も

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Google Container Engineの最新のアップデートが今日(米国時間7/12)発表された。それはKubernetesを使用するコンテナアプリケーションをGoogleのクラウド上で運用するサービスだ。Google Container EngineをGoogleは、GCEとは呼ばずにKubernetesのKを取ってGKEと呼んでいるが、今回のアップデートも前と同様、Kubernetesプロジェクトからの最新アップデートが中心となる。
今やバージョン1.7となるKubernetesプロジェクトは、プライベートとパブリック両クラウドでコンテナ化ソフトウェアをオーケストレーションするためのデファクトスタンダードになりつつある。ここで一応Microsoftの顔も立てておくべきなら、同社の(顧客の)ワークロードをプライベートクラウドやハイブリッドクラウドで動かすならAzure Stack、そしてGoogleのやり方でハイブリッドクラウドをデプロイするならGoogle生まれのKubernetes、という棲み分けになるだろう。
今回のアップデートは、セキュリティを強調している。GKEを採用する企業が増えるにつれて、彼らのニーズも当然変わってきた。とりわけエンタープライズ(≒大企業)は、セキュリティ要件が厳しい。GKEのチームは、そのサービスが市場でもっとも安全なKubernetes実装

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました