11/6週号 安倍内閣・日銀黒田続投でも円安が強まらない理由

マーケティング
ドル円予想レンジ112.50-115.20
(写真=Thinkstock/GettyImages)
「全くの白紙であります」-。これは11/1の夜に安倍首相が述べた来年4月任期満了となる日銀黒田総裁の人事に関しての弁だ。しかし、「手腕を信頼し、金融政策は黒田総裁に任せている」とも発言。2%の物価安定目標にはまだ届いてはいないが、筆者は安倍発言で黒田続投の意向を感じた。
黒田続投でも円安加速には疑問
安倍首相は11/1に第4次安倍内閣を発足させた。全閣僚再任と経済最優先で取り組むことを表明し、アベノミクスは再スタートを切った。前出の発言もあるが、筆者が黒田続投の意向を感じた最大の理由は、“失われた20年”での株安を衆院選挙期間中に取り戻したことだ。有権者に“アベノミクス≒円高抑制・デフレ脱却・異次元緩和の効果”を見せつけたのである。永田町関係者からは「自公圧勝の影の功労者」と、些か持ち上げ気味の評価ではあるが、安倍首相が日銀総裁を交代させる可能性は低いのではないか。
一方で筆者は、黒田総裁の不満から、高年齢を理由に辞退する可能性を邪推する。10/31の日銀展望レポート・物価見通しでは、“緩和長期化観測に繋がる下方修正”とし、黒田総裁はその理由に、①企業の成長期待が低いこと、②携帯電話の通信料が大幅に下がったことを挙げた。これらは政治の責任分野であって日銀の責任分野ではないと明言したに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました