亜太電信(Asia Pacific Telecom)のプリペイドSIMを購入。購入場所や手続き方法を紹介

ガジェット総合

2016年6月に仙台国際空港(SDJ)-台湾桃園国際空港(TPE)を結ぶ格安航空(以下、LCC)としてタイガーエア台湾(Tigerair Taiwan)が就航。これ以降、3~4ヶ月に1度のペースで台湾を訪問しています。
ただ渡航回数を重ねる中でも実現できていなかったのが、台湾桃園国際空港(以下、桃園空港)の入国審査前エリアに設置されたSIM契約窓口の利用。フライト時刻の都合上、現地到着時には窓口が閉まっていることが理由です。
しかし2017年9月より新たにPeach Aviation(ピーチ・アビエーション。以下、Peach)がタイガーエア台湾より数時間早いスケジュールでの仙台-台北(桃園)便を就航。
この新路線就航のおかげで、前回の台湾訪問時に(空港内では)入国審査前エリアにしかSIM契約窓口がない亞太電信(Asia Pacific Telecom)のプリペイドSIMカードを購入・契約できました。
この記事では亞太電信(Asia Pacific Telecom)のプリペイドSIMカードを桃園空港(第一ターミナル)の入国前エリアで購入する方法を紹介します。


SPONSORED LINK




(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


購入場所は入国前エリアに並んだ窓口
今回亞太電信(Asia

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました