「日本ゲーム大賞2018」、アマチュア部門の募集テーマを「うつす」に決定 応募期間は5/1~6/30まで

VR

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が、ゲーム産業の未来を担うアマチュアクリエイターが制作するオリジナルゲーム作品から優れた作品を選考・表彰するアワード「日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門」の今年度の募集テーマを発表した。また審査ポイントの変更も決定したという。
今回の募集テーマは「うつす」で、応募に際しては「うつす」というテーマに即した具体的な表現・手法などを用いて制作された作品を対象とする。また、テーマを用いた箇所については、応募時に具体的な記述が必須となる。お願いします。
審査ポイントの変更については、これまでの4つの評価基準「コンセプト/完成度/プログラム/グラフィック」から、新たにプログラム、グラフィックやサウンドなども含めた総合的な「技術力」に統合し、「コンセプト」・「完成度」・「技術力」の3つの評価軸で審査するとのこと。
選考は、プレイ映像の視聴による第一次審査、試遊による第二次審査と最終審査を経て、9月22日(土)に予定している「日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門発表授賞式」(場所:東京ゲームショウ 2018 内イベントステージ、会場:千葉県 幕張メッセ)にて、「大賞」、「優秀賞」、「佳作」を発表。大賞作品には賞金50万円、優秀賞には賞金5万円を副賞として贈呈する。応募要項は以下のとおり。
■「日本ゲーム大賞 2018 アマチュ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました