海外での積極的な採用活動と拠点づくりでグローバルな展開を検討 永住を視野に 大学卒のベトナム人6名を総合職の正社員として雇用 初の高度人材採用 長期雇用の受け入れ体制を確立

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
オフィスのデザイン・レイアウト・移転などの事業を展開する株式会社翔栄クリエイト(本社:東京都新宿区 代表取締役:宇佐神 慎)は、専門的な技術や知識を持つ高度人材採用で、大卒及び現地での勤務経験者のベトナム人6名を正社員として採用します。高度人材採用は当社としては初めてで、8月より2名が入社し、年内に6名全員が日本での勤務を開始します。■日本でのベトナム労働者雇用の背景と実態人口減少による労働力不足は避けられない日本では昨年、外国人労働者の数が100万人を突破しています。そのうちのベトナム人は中国に次いで2番目に多く、低賃金で雇用できる“労働力”として日本で重宝されており、日本での労働を望む現地のベトナム人も多くいます。悪質なベトナム人ブローカーなどにより、大きな手数料をとって借金させた上で日本渡航を斡旋し、真面目に働きたいと思って日本に渡ったベトナム人も、きつい返済のために日本で犯罪に手を染めるという悪循環が起きている事例もあります。さらに、受け入れる日本側も、技能実習生を扱う日本の監理団体が役目を果たしておらず、職場で虐待やセクハラが横行し、労働災害があっても放置され、異常な重労働の末、給料未払いとなるケースもあります。その結果、耐えられなくなった実習生が職場から逃亡し、不法滞在をしているという実態があります。その他にも、外国人技能実習制度は3年~5年の期間が定められ、多くの企業

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました