米国株の大幅高を受けて大幅反発

マーケティング
日経平均   20,077.62 円 △ 750.56 円≪東証一部≫売買高    15億7,642万株売買代金  2兆6918億7100万円値上り銘柄数 2,112 銘柄値下り銘柄数 11 銘柄騰落レシオ(25日) 76.17 % △ 7.68 % 為替 1ドル=111.09 円市況概況 (画像=PIXTA)米国ダウ平均が過去最大の上げ幅となり、日経平均先物も夜間取引やシカゴ市場で買われていたことから買い先行、大幅高となりました。主力銘柄がほとんど買い気配から始まるという状況で全面高となりました。買い戻し一巡となり、日経平均が20,000円を超えてくるといったん上値の重さが嫌気されて上げ幅縮小となりましたが、売り急ぐ動きもなく値持ちの良い展開でした。昼の時間帯もしっかりと20,000円水準を保ち、後場に入ってからもさらに買い上がる動きとなりましたが、引けを意識する時間帯からは逆に目先筋の手仕舞い売りに押され、先物主導で上げ幅を縮小、結局20,000円台を回復し、大幅高となったのですが、最後まで買い切れない感じでした。市場参加者が少なく目先筋の売り買いに振らされているということなのだと思います。小型銘柄もほぼ全面高、大幅高となるものが目立ちました。東証マザーズ指数、二部株指数、日経ジャスダック平均と揃って大幅高でした。先物もまとまった買いが散発的に見られて指数を押し上げる場面もあ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました