キャッシュレス社会になるとどうなる?スマホペイ大国・中国から考えてみた

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
執筆者:株式会社ZUU※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。 (画像=eugene/stock.adobe.com)先進諸国から見ると日本は「キャッシュレス化が遅れている」と言われています。ところが日本でも最近になってキャッシュレスが少しずつ浸透してきました。キャッシュレスは、決済方法の変化以上に社会に大きな変化を与える可能性があります。この記事では、キャッシュレス先進国である中国の事例をもとにキャッシュレスが浸透した日本社会の未来を予測します。中国では誰でもスマホペイが当たり前 (画像=kinako/stock.adobe.com)中国では、小さなお店や市場の屋台でもキャッシュレス決済が当たり前です。そんな中国のキャッシュレス決済事情について簡単に解説します。WeChatPayとアリペイに分かれる中国のキャッシュレス決済は、スマートフォンの普及とともに急速に浸透しました。代表的な中国のキャッシュレス決済サービスは「WeChatPay」と「アリペイ」です。QRコードを表示させて読み取ることでどちらも簡単に決済が完了します。WeChatPayとアリペイを簡単に紹介WeChatPayは「中国版LINE」とも言われるWeChat(微信)が提供するキャッシュレス決済サービス。アリペイは「中国版Amazon」と言われるアリババグループが提供するキャッシ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました