少額から始められる投資商品、太陽光発電ファンドとは

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
太陽光発電ファンドとは、運用会社が大勢の投資家から少額のお金を集めて太陽光発電を行いそこで得た収益を分配する金融商品です。一般的な太陽光発電投資とは何が違うのでしょうか。そのメリットやデメリット、具体的にどんな商品があるのかについて解説します。太陽光発電ファンドのメリット・デメリット (画像=looker-studio/stock.adobe.com)同じ太陽光発電をテーマにした投資でも「太陽光発電ファンド」と直接投資をする「オーナースタイル(自己所有)」では特性が大きく異なります。太陽光発電ファンドを軸にした場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。太陽光発電ファンドのメリット・メリット1:投資金額が少額で済むオーナースタイルの太陽光発電投資は、規模によって異なりますが1プロジェクトあたり1,000万~数千万円程度の投資金額になります。金額が大きいだけに投資に対して慎重になるのは当然でしょう。一方で一般的な太陽光発電ファンドは上場ファンドの場合、1口10万円前後と比較的少ない傾向のため気軽に始められるのがメリットです。・メリット2:運用中の手間がかからないもともとオーナースタイルの太陽光発電投資でも手間はかかりません。なぜなら、太陽光パネルのメンテナンスや敷地の手入れなどをすべて業者(販売会社)に委託するのが一般的だからです。もちろん自主管理の場合は管理の手間がかかります。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました