半沢直樹放送後に福岡市で水道量が急激アップ

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
突き抜けた視聴率で大きな注目を集めたドラマ、令和の「半沢直樹」が国民の生活にも影響を与えていたかもしれないというデータが出てきました。日曜日の22時になぜか一気に水が使われている……。9月28日、福岡市水道局の公式ツイッターが投稿した文章と画像が話題を呼びました。きっかけは一つのツイートから (画像=polkadot/stock.adobe.com)2020年9月28日、福岡市水道局の公式ツイッターが「ここ2ヶ月、普段と違い22時頃に一気に水が使われます。皆さん、それまで何をされていたのでしょう…?(原文ママ)」という文章とともに「市内配水量の変化」を示したグラフの画像を投稿しました。この投稿は大きな注目を集め、10月13日現在、約6,800件の「いいね」と4,000件以上のリツイートを獲得しています。画像のグラフを確認すると、7月中旬までの日曜日の平均配水量に比べて、9月27日の配水量は21時から22時の間で減り、22時を過ぎた途端に急増しています。ドラマが終わるまで我慢!?配水量急増のナゾこの投稿の返信欄には、「ドラマの半沢直樹が終わった直後にトイレやお風呂を利用するからでは」と推察するコメントが多く寄せられています。TBS日曜劇場「半沢直樹」の平成版(2013年放送)は、民法ドラマとしては平成歴代1位の視聴率となった大ヒットドラマです。「あの半沢直樹が令和に帰ってきた」とし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました