投資信託で老後資金を準備!商品の見分け方やNISA、iDeCoの活用法を紹介

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
「人生100年時代」において、多くの人がリタイア後の生活や年金に不安を感じていますが、具体的に何をどうすればよいのかわからないという声が多いのも現状です。そこで本記事では、選択肢の1つである「投資信託」の特徴や選び方、また税制優遇を活用したNISAやiDeCoについて解説します。目次老後生活に必要な資金はいくら?老後は毎月5万円不足する?2,000万円問題が伝えたかったのは、金融リテラシーを身につけての自助努力不足額1,800万円でシミュレーションしてみよう運用効果で知っておきたい複利の話投資信託で老後資金を準備するメリットとドルコスト平均法価格の変動と時間を味方につける「ドルコスト平均法」投資信託の種類と見分け方投資信託の情報開示(ディスクロージャー)運用手法による分類──インデックス(パッシブ)運用とアクティブ運用投資先による分類運用額や運用期間による分類コストも商品選択の基準リスクとリターンの関係を知ろう投資信託で老後資金を準備するならiDeCoの検討を非課税枠を活用するならNISAの検討を老後に向けた資産形成の成功のカギは「早めにはじめること」老後生活に必要な資金はいくら? (画像=Shutter B/stock.adobe.com)まず、リタイア後の生活をイメージするところから始めましょう。老後は毎月5万円不足する?会社員の主な収入は勤め先からの給与ですが、リタイア後は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました