投資信託に掛かる税金はいくら?その計算方法と非課税にする方法とは

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
投資信託は効率的な分散投資が可能なため、投資初心者にも向いている投資商品といわれています。ただし、税金などの「運用コスト」には注意が必要です。ここではコストを理由に投資信託に後ろ向きだった方のために、税金についての詳細と軽減方法について解説します。目次投資信託にはどのような税金がかかるのか?購入時にかかる税金保有時にかかる税金売却や償還時にかかる税金特定口座(源泉徴収あり)なら確定申告は不要特定口座(源泉徴収あり)でも確定申告をしたほうがよい場合特定口座を複数所有している場合配当以外の所得が少ないとき投資信託に掛かる税金を合法的に「無料」にする方法があるNISA制度iDeCo制度実際の税金計算をやってみよう!投資信託で100万円儲かったケース実際の投資信託の始め方税金は運用上のコスト!賢く節税して、運用効率を高めたい投資信託にはどのような税金がかかるのか? (画像=Freedomz/stock.adobe.com)投資信託は、購入時、保有時、売却時に税金がかかります。それぞれについて詳細を見ていきましょう。購入時にかかる税金多くの投資信託は、購入時に販売手数料がかかります。これは販売会社に支払うもので、申し込み手数料ともいいます。その額は商品によってさまざまですが、一般的に購入金額の数パーセントです。現在はこれに10%の消費税がかかり、販売手数料に上乗せして支払うこととなります。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました