どんな企業に利用を促すか!?資本性ローンの基本と提案の進め方

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
(画像=PIXTA)日本政策金融公庫の資本性ローンを挙げ、特徴や提案ノウハウ・留意点を紹介する。「追加で融資を行うと企業の返済負担が相当大きくなる」「債務超過、もしくはそれに近いため、そもそも融資できない」──企業から融資を申し込まれても、このような理由で対応が難しいケースは多いだろう。ここで活用できるのが、他の融資に比べて返済の優先順位が低い資金を企業に貸し出す「資本性ローン(資本性劣後ローン)」だ。企業にとって、通常の融資は「債務」となり財務状態は悪化するが、資本性ローンは金融機関の資産査定上「自己資本」とみなされるため、企業の財務体質強化につながる。コロナ禍の影響で多くの企業が業況悪化に苦しむいま、この資本性ローンが支援の切り札になるという声もある。本稿では、利用が増えている、日本政策金融公庫(以下、日本公庫)の『新型コロナウイルス感染症対策挑戦支援資本強化特別貸付制度(新型コロナ対策資本性劣後ローン)』を取り上げる。期間中は利息を負担し元金は期限一括償還
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました