富裕層しか持てない?ブラックカードを持つための条件とは

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
数あるクレジットカードのなかで、最もステータスが高いのがブラックカードです。カードを保有していることが富裕層の証にもなることから、憧れる人もいるでしょう。ブラックカードにはどのような特典があるのか、持つための条件とともに概要を紹介します。プラチナの上を行く、ブラックカードってどんなカード? (画像=thinkthink/stock.adobe.com)クレジットカードは一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの4つの階層に分かれています。なかでもブラックカードは最高峰といえるステータスを誇るカードです。すべてのカード会社で扱っているわけではない点もプレミア感があります。ブラックカードの主な特徴は、年会費が高額であること、専用のコンシェルジュがつくこと、特典・優待サービス・付帯保険が充実していることなどがあります。そして、最大の特徴が次に紹介するインビテーション(招待)性であることです。ブラックカードはそもそも申し込めないブラックカードが日本に初めて登場したのが、2002年に発行された「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」といわれています。このカードの券面が黒色だったことからブラックカードと呼ばれるようになった経緯があります。他社もこれを模して高級カードを黒色のデザインにしたことから、今では最上位クラスのクレジットカードをブラックカードと呼んでいます

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました