施工計画書の作り方!必要な項目や作成時のポイントを初心者にもわかりやすく解説

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
建築業者などが工事を進める上で、施工計画書は必須となるものだ。施工計画書は工事全体のクオリティに関わってくるため、経営者や作成担当者は正しい知識を身につけておく必要がある。そこで今回は、施工計画書の作成方法やポイントを分かりやすくまとめた。施工計画書とは?作成する目的やタイミング (画像=PIXTA)施工計画書とは、工事現場の安全性・効率性を高める目的で事前に作成しておく計画書のことだ。建設工事はもちろん、土木工事や電気設備工事など、あらゆる工事現場において施工計画書は必須のものとなる。施工計画書の作成者はケースによって異なるが、基本的には施工会社による作成が望ましい。実際に工事にあたるものが作成することで、改善点や修正点などを見極めやすくなるためだ。したがって、下請け業者が施工にあたる場合は、その業者の現場監督者が施工計画書を作成し、完成した計画書を請負業者に提出する流れが一般的となっている。施工計画書を作成するタイミング施工計画書の作成期間は、一般的に3週間~1ヶ月程度と言われている。工事の規模によっては作成期間を短縮することも可能だが、内容次第では役所から承認されない恐れがあるため、施工計画書はできる限り早めに作成しておくことが重要だ。施工計画書は遅くても工事開始の3週間前までに提出する必要があるので、工事日程が決まった段階で全体のスケジュールを策定しておこう。施工計画書の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました