コロナ禍で不動産投資家が利用できる支援制度とは?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
新型コロナウイルス感染拡大に端を発する経済不安は、さまざまな業界に影響をもたらしました。不動産投資を行っている人の中にも「経済不安の影響で収益が悪化した」という人もいるかもしれません。そのような人に向けて本稿では、不動産投資家でも活用できる支援制度について紹介します。今後のためにも「どのような支援制度があったのか」について認識を深めておきましょう。不動産投資家が知っておくべき新型コロナウイルス関連の支援制度 (画像=JP trip landscape DL/stock.adobe.com)以下の項目からは、不動産投資でも利用可能な新型コロナウイルス関係の支援制度について、それぞれ個別に解説します。本記事を執筆している2021年3月現在で申請可能な支援制度だけでなく、「すでに申請締め切りが終了した」「締め切り間近」といった制度についても解説します。今後を見据えて、各支援制度の給付要件や金額などについて、しっかりと把握しておきましょう。新型コロナウイルス感染症特別貸付日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」は、コロナ禍の影響を受けた人に対して実施している支援制度です。2021年3月時点では、日本政策金融公庫からすでに受けている融資の貸付残高にかかわらず限度額8,000万円の融資を受けることができます。このうち6,000万円までを限度として融資後3年は、基準利率から0.9

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました