不動産投資の「パートナー」選びに欠かせない7つの視点とは?【地方在住会社員が経済的自由を手に入れた道 第5回】

マーケティング
本連載は、不動産投資家として活躍する台場史貞氏の著書、『私が東京の中古ワンルームで自由な人生を手に入れた方法』(秀和システム)の中から一部を抜粋・再構成し、サラリーマンが知っておくべき不労所得や経済的自由に対する考え方や、実現を目指すための方法を紹介します。 (画像=Webサイトより ※クリックするとAmazonに飛びます)私自身が東京の中古マンションに焦点を絞り、不動産売買の会社を選択していたときは、何の基準ももたず感覚だけでまず7社をインターネットで選択しました。そのうちの4社に資料請求し、最後は1社に絞り不動産投資をはじめました。結局、その選択は「運よく」間違っていなかったわけです。ただ、手を組む会社の選択は、あなたの不動産投資が成功するかどうかを左右するもっとも重要なポイントです。今回は私の経験から、不動産投資の「パートナー」選びに欠かせない7つの視点をお伝えします。視点1. 購入と管理の両方できる会社を選ぶ (画像=amnaj/stock.adobe.com)不動産の購入と管理が同時にできる会社を選択したほうが、オーナーとしても手間がかかりません。そのうえトラブルが発生したとき、販売した会社と管理会社の間で問題のなすり合いになることもありません。視点2. 仲介や競売での購入は避け、不動産会社の自社仕入の販売物件を購入する中古不動産を購入する場合、現実には仲介物件が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました