資産を増やす魔法の法則「72の法則」を攻略して資産倍増を目指そう

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
資産運用において、時間を味方につけることは重要なポイントです。1年ごとの利回りは数%程度なので短期間で資産が増えていることをそれほど実感できなくても、5年、10年と時間を積み重ねていくうちに効果が大きくなり、資産が増えていることを実感できるものです。そんな長期的な資産運用において、多くの方が1つの節目として意識するタイミングがあります。それは、資産規模が倍になるときです。「資産が倍増するまでに何年かかるのだろう?」という疑問を解決しておくことで、長期的な計画が立てやすくなります。しかし、資産運用には「複利」の概念があるので、簡単に手計算をするには難しいものがあります。そこで知っていただきたいのが、「72の法則」です。これは資産が倍増するまでの年数を知ることができる魔法の法則とも呼ばれているもので、計算方法もいたってシンプルです。さらに、「72の法則」は資産運用だけでなく借金をしている場合に負債が倍になってしまうまでの期間を手計算するのにも役立つので、マネーリテラシー向上の観点からぜひ知っておくといいでしょう。「72の法則」をご存じですか? (画像=Looker_Studio/stock.adobe.com)「72の法則」の計算式は、以下のとおりです。72 ÷ 利回り(%) = 資産が倍になるまでの年数たったこれだけの計算式です。これは複利といって、運用によって増えた分をさらに再投

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました