ドラッカーに学ぶ!マネジメントのポイント5つと経営に活かせる名言を紹介

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
「マネジメントの父」と呼ばれるドラッカーの名前を知らない経営者は少ない。しかし、ドラッカーの考え方を知らない人は、意外に多いのではないだろうか。この記事では、ドラッカーの著書「マネジメント」で語られるマネジメントのポイント5つと経営に活かせるドラッカーの名言を紹介する。ドラッカーとは? (画像=BillionPhotos.com/stock.adobe.com)ピーター・F・ドラッカーは、アメリカの経営学者・経営コンサルタントだ。「マネジメント」「イノベーションと起業家精神」「断絶の時代」など多数の著書を持ち、没後においても、世界中のビジネスパーソンに影響を与え続けている。注目されたドラッカー2009年には「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本が話題になり、ベストセラーになった。略して「もしドラ」と呼ばれる書籍は、年代を問わず多くの人が手に取ることになり、日本に一大ブームを巻き起こした。現代では、ビジネスシーンでマネジメントという言葉は当たり前のように使われている。この言葉をビジネスシーンで最初に使ったのが、実はドラッカーなのだ。ドラッカーは著書「マネジメント」で経営におけるマネジメントの役割を考察した。このことから、ドラッカーは「マネジメントの父」と呼ばれている。ドラッカーは、世界中のビジネスに大きな影響を与えた人物といえるだろう。ド

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました