失敗をしない米国株でのおすすめ運用法とは?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
(画像=and4me/stock.adobe.com)高配当株が多いことから注目を集めている「米国株式」。「米国株は、日本の株式と比べて購入が難しいのでは?」と感じている人もいるのではないでしょうか。証券会社によって取り扱っている銘柄は異なるものの売買はそこまで難しくはありません。しかし日本株との違いをしっかりと理解していないと思わぬ損をする可能性もあります。そこで本記事では、米国株式と日本株式の違いや米国株式のおすすめ運用法を解説します。なぜ今米国株がおすすめなのか近年米国株がより一層注目されています。例えば投資信託でも米国株式を中心としたものへの人気が根強く特に「米国株式」への関心が高まっているのです。しかしなぜ米国株式が人気でおすすめといわれているのでしょうか。その理由は、主に以下の2つがあります。常に成長を続けている市場米国の市場は、世界最大の時価総額を誇っています。2021年5月末現在で世界全体の株式時価総額は、約115兆2,153億米ドルです。そのうちの41.9%となる約48兆2,752億米ドルが米国となっています。日本の株式の時価総額は、世界の5.9%となる約6兆7,977億米ドル、中国は10.4%となる約11兆9,823米ドルとなっており米国株式の時価総額の大きさは群を抜いていることが分かるでしょう。米国株式の中には、名だたる大企業が勢ぞろいしており現在の生活に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました