賃貸住まいから思い切って住宅を購入。その際の火災・地震保険はどう考える?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
テレワークの普及による通勤環境の変化により、交通手段の利便性よりも住環境を重視して、郊外に家を購入することを検討される方も多いのではないでしょうか。住宅購入の際にはローンの手続きや引っ越しなど、考えなければならないことが多くありますが、そこでおろそかにしてはいけないのが火災保険と地震保険の内容についてです。周辺エリアの災害リスクを把握することが大切 (画像=tamayura39/stock.adobe.com)住まいにおける災害リスクは地域や立地によって異なり、その土地の環境や地盤等によってさまざまです。まず台風の被害を受けやすい地域なのか、また、川の近くであれば水災の被害はどの程度のものなのかを考える必要があります。さらに海の近くであれば高潮や地震による津波の被害、さらに山や崖に面していれば土砂崩れなどの被害を受ける可能性が高くなります。自治体が公表しているハザードマップを調べるのはもちろんのこと、地域情報などから過去の災害を調べるなど、情報収集をしっかりと行い、その対策を考えることが大切です。収入に余裕があっても保険加入は必須住宅購入の際、比較的余裕のある世帯収入があったとしても、多額の住宅ローンが残った状態で自宅に大きな損害を受けると、その経済的負荷は甚大なものとなります。自身の経済力でまかなえないほどの被害を受ける可能性がある災害には、しっかりと保険で備えておく必要があり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました